Maison de h-l’Eridan メゾンドアッシュ・レリダン,2012 夏 2 ,札幌市円山 ,☆☆☆

初日の料理がとても印象に残った,メゾンドアッシュ・レリダン。

3日目のお昼にもう一度訪れました。

2日目の無理な行程で疲れきったので,午前中の時間はお隣の円山動物園で軽く流しました。

動物園なんで,何年振りだったのだろう。結構,楽しかったけどね。

HT4E8298

最初から断っていたので,最初から車はお店の駐車場に止めていました。

自分の住んでいる所だと,きっととても目立つ建物。

けど,さすが高級住宅街。辺りの雰囲気に溶け込んでいます。

HT4E8300

今日も,作っている時の音や香りを楽しみたかったので,キッチンに面したカウンターに座ります。

それにしても,きれいに磨き上げられたキッチンですね。

HT4E8304

午後は美唄まで車の運転が待っていますので,当然のごとく Perrier を選択。

この日は,札幌なのに30°を超えていました。渇いたのどに,炭酸が心地よい刺激を与えてくれます。

HT4E8305

アミューズは,冷たいグレープフルーツのジュレ。

「外は暑かったから,ぴったりでしょう。」。まったく,その通りです。

澄んだ味と,きりきり冷えたジュレ。

最高の一皿目です。

HT4E8309

前菜も,冷たい一皿。イメージは,冷たいラタトゥーユ。

HT4E8310

オマールがたっぷり入った,冷たいコンソメスープ。

HT4E8314

確か,セップ茸と北寄貝のソテー。

HT4E8316

フォアグラのパイ皮包み。昨日もパイ皮包みが出ましたが,全然飽きません。

HT4E8318

合鴨のソテー。

実はあまり鴨は好きではないのです。微妙に臭みが感じられて好きになれないんです。

けどこれは別物。上手に扱うと,こんなにおいしく仕上がるんですね。

ちょっと感激の一皿。

HT4E8322

そして,デセールが完璧。

目の前のオーブンで,ミルフィーユを焼き上げてくれます。

それを,手早く仕上げてくれたのがこれ。

こんなパリパリ,サクサクのミルフィーユは初めてでした。ナイフで,サクッと切れてしまいます。

間のクリームがはみ出さないか心配していましたが,全くの杞憂でした。

驚いていると,橋本シェフが一言。

「出来合いのお惣菜と目の前で作った料理,どっちがおいししですか。」

「つくりおきのお菓子と目の前で作った出来立てのデセール。それと同じですよ。」

確かにその通りです。それを求めているからこそ,料理店に足を運ぶんですからね。

Maison de h-l’Éridan (メゾン・ド・アッシュ レリダン)

電話:011-802-7046
住所:北海道札幌市中央区円山西町1丁目6-1
時間:完全予約制

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中