御りょうり屋伊藤,2016 冬,山形市,☆☆

.

初めてお伺いしてからこれで4回目。毎月1回は訪れてていることになります。

こんなに嵌ったのは初めてです。

.

dscf8200dscf8203

.

最初はいつもの汲み出し。今日はみかんです。

.

dscf8206

先付け:穴子蕪蒸し,自家製松前漬,庄内浜のズワイガニ

dscf8211

.

先付けは,庄内浜のズワイガニ,自家製松前漬,そしてアナゴ蕪蒸しです。

自家製松前漬,これまで出来合いのものしか食べたことがありませんでした。

昆布と烏賊の味がしっかりと分かり,そしてしょっぱさは抑え目。日本酒によく合いそうです。

穴子は好きなんです。そして蕪蒸しも。ただ,少し蕪の味が強くて,穴子が負けてるいるような気がします。

.

dscf8213

向付け: 〆鯖,北寄貝,一塩した平目

.

〆たばかりの鯖,一塩してある平目,そして北寄貝。

一塩してあるからでしょうか,平目の身がとてもプリプリしています。

歯に当たる感触が心地よいものです。

〆鯖もありがちな酢が先に立ってしまうようなものではなく,鯖のおいしさがきちんと残っています。

これも日本酒が欲しくなる一皿でした。

.

dscf8216

お椀:年越し蕎麦

dscf8217

.

お椀は,なんと年越し蕎麦。蕎麦自体は,勿論手打ち。

そして蕎麦屋さんと違うのは,たれ。出汁にほんの少ししょっぱさを足したもの。

伊藤の出汁は出色のできですので,もちろん最高の蕎麦です。

敢て言えば,関西風の蕎麦でしょうか。

.

dscf8219

焼物:寒鰤の西京焼き

.

今日,御りょうり屋伊藤のFBに1m近い鰤を購入したことが載っていたので,必ずどこかで出てくるとは思っていました。

西京焼きでできてました。

写真からも脂が載っているのが良く分かると思います。そして皮はパリパリ,身はふっくら焼き上がっています。

魚くささが強いので,皮は好きではないのです。しかし,この鰤は別です。皮が全く臭くなくとてもおいしいのです。

 

.

dscf8222

炊き合せ:甘鯛の酒蒸し

dscf8224

.

そしてこちらのお店に来る一番の動機である炊き合せ。

今日は甘鯛の酒蒸しです。

酒の香りが少し立っています。そして,優しい味の出汁が冬野菜と甘鯛を上手に炊き上げています。

当然ですけど,甘鯛はホロホロと溶けていきます。骨を残して,全てしゃぶってしまいました。

また,僕は人参が大嫌いなんです。しかし,生まれて初めてです。人参をおいしく感じたのは。

独特の臭みを取る為に,梅で炊き上げているそうです。そうやって臭みを取ってから仕上げているようです。

.

dscf8225

ご飯

.

お馴染みの,土鍋で炊いたご飯です。

.

dscf8232

水菓子:白玉きんとん,ふじ

.

そして〆は白玉きんとん。きんとんを食べると,お正月を意識してしまいますね。

.

.

御りょうり屋伊藤

住所:山形市七日町四丁目10-16

電話:023-635-8010

時間:18:00~23:00

定休:月曜日

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中