御りょうり屋伊藤 , 2017 春 , 山形市 , ☆☆

.

お客様のおもてなしで使いました。

桜の季節の献立の最後の週でした。ぎりぎり桜に間に合いました。

お花見は出来ませんでしたが、これができれば十分です。

.

_MG_1588

.

汲みだしは桜湯。

桜湯を使ったカクテルが「雪国」。

またケルンで飲めたらいいな。

.

_MG_1590

先付 : ミル貝とコハダの手毬寿司、唐墨、だし巻き卵・胡瓜・鴨の串

.

このお店の素晴らしいところ、それは先付の盛り付けが見目麗しいところ。

昨年の10月の菊を使った先付と並び立つ盛り付けです。

.

_MG_1594

お椀 : 海老真薯、湯葉、柚子の花

.

お椀は、海老真薯、湯葉、柚子の花。

この柚子の花、柚子の皮の香りをほんのり柔らかくした香りがします。

澄んだ、上品なお出汁に柔らかい柚子の香りが相俟って、とてもよいものに仕上がっています。

.

_MG_1597

向付 : 平目の混布〆、シマアジ

.

質の良い食材を、上手に仕上げてくる。

向付けでは、毎回そう感じます。どの様にすればおいしさを引き出すことが出来るか。

きちんと分かって仕上げている。そう思います。

.

_MG_1600

進肴 : 大間の雲丹

.

雲丹を海苔で包んで口に放り込みます。

ミョウバンを使っていない雲丹です。雲丹のおいしさだけが口の中に広がります。

.

_MG_1602

焼物 : 桜鱒

.

桜鱒の焼き物。旬の食材。

これを見事に焼き上げてくれます。

皮はパリパリに、たっぷり脂がのってる身はふっくらと。

素人には、間違ってもこのような焼き上がりにはできません。

.

_MG_1605

炊き合わせ : 笋と真鯛

.

毎回楽しみにしている炊き合わせ。

鯛のアラが中心ですが、おいしさを十二分に味わうことができます。

 

.

_MG_1610

.

_MG_1611

.

そしてかまどで炊き上げたご飯。

今日もお米のおいしさを実感できます。

.

_MG_1615

水菓子 : ザボン、自家製わらび餅

.

自家製のわらび餅。

京都から取り寄せたわらび粉を使っているそうです。

ただ、これで中ぐらいのランクの粉だそうです。

それでも程よい歯応え。これ好きです。

.

御りょうり屋伊藤

住所:山形市七日町四丁目10-16

電話:023-635-8010

時間:18:00~23:00、お昼もやっています

定休:月曜日

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中