御りょう里屋伊藤 , 2017 冬 , 山形市 , ☆

.

いままであまり触れてきませんでしたが、御りょうり屋伊藤では最後に薄茶を出してくれます。

流派は裏千家で、たっぷりの泡とともに出されます。

そして、お湯は鉄瓶を炭で沸かします。この鉄瓶と言うのがポイントですね。

お湯が、まろやかになる気がします。そのお湯でいただく薄茶。

御料理を〆るには最適です。

.

_MG_4422

みかん薄葛湯

.

みかんの薄葛湯。とろみがあることによって、みかんのおいしさが強く感じられます。

.

_MG_4423

先付 : 甘鯛蕪蒸し、紅白なます

.

今日のお料理は、どこかお正月仕様になっています。

紅白なますは、シャキシャキ。

そして甘鯛蕪蒸しは、もちろんお出汁がおいしいので蕪蒸しもおいしく仕上がっています。

さらに、中に混じっている昆布がよいアクセントになっています。

この様な使い方は知りませんでした。

.

_MG_4426

向付 : アオリイカ、メジマグロ、熟成平目

.

向付はアオリイカと平目、メジマグロです。

アオリイカはいつものようにしっとりと舌にまとわりつきます。

平目は熟成することでアミノ酸がふえるのでしょうか、旨味が強くなっています。

そしてメジマグロ。ちょっと焦してタタキのよう。

.

_MG_4427

.

_MG_4429

お椀 : 年越し蕎麦

.

楽しみにしていたお椀は、これまた年末仕様の年越し手打ち蕎麦。

蕎麦も温かい蕎麦にもかかわらず程よい歯応え。

そして、何といってもこの澄んだそばつゆ。

塩加減よりも、お出汁のおいしさで食べさせてくれます。

これは凄いな。

.

_MG_4431

焼き物 : 鰆の柚庵焼き

.

焼き物は鰆の柚庵焼き。

「ゆうあん」は柚庵と幽庵の二通りあります。

ご主人は柚子の季節は柚庵焼きでしょう、ト仰っていました。

これまた絶妙の火加減です。

.

_MG_4435

炊合わせ : 牡蠣鍋

.

そして待ちに待った炊合せは、牡蠣鍋でした。

グツグツ煮立っている状態で提供されます。

そして、お出汁と牡蠣のおいしい香りが漂ってきます。

そしてセリを食べると、これまたお正月を感じてしまいます。

.

_MG_4440

.

_MG_4441

.

つや姫をお釜で炊いたご飯。

漬物が食べれないのを分かってくれているので、きょうは明太子です。

3杯目はジャコでお茶漬けです。

.

_MG_4444

水菓子 : ラフランスのコンポート、柿、シャインマスカット

.

コンポートにすることでラフランスのおいしさを強く感じさせてくれます。

最後まで完璧です。

.

御りょうり屋伊藤

住所:山形市七日町四丁目10-16

電話:023-635-8010

時間:18:00~23:00、お昼もやっています

定休:月曜日

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中