御りょうり屋伊藤 , 2018 春 , 山形市 , ☆☆

.

ちょっと間が空いてしまった御りょうり屋伊藤。

ギリギリ、3月末に滑り込み。

この地での桜はまだまだですが、桜をイメージさせる献立になっています。

.

_MG_0382

.

先ず始まりは桜湯から。

.

_MG_0385

. 先付 筍のアボガド和え、穴子鮨、自家製唐墨

春らしい、見目麗しい盛り付け。

器の赤とフキの葉の緑がとても鮮やかです。

アボガド和えが意外と筍によく合います。穴子鮨もふっくら穴子がとてもおいしい。

 

_MG_0389

. お椀 海苔が入った真薯

柚子の花から香ります。今日も安定したお出汁のおいしさ。

日本料理と言いながら、お椀が出ないお店が続いていましたので、ホッとします。

.

_MG_0393

. 向付 メバルの昆布締め、赤貝

昆布締めはお塩でいただきます。笹川流れのお塩ということでしたが、これがいい味です。

お塩だけでもお酒が進みます。

.

_MG_0396

. 赤貝の肝焼き

_MG_0399

. 焼き物 庄内浜のサクラマス,ウドのきんぴら

とても脂ののったサクラマス。それを良い塩梅の火加減で焼き上げています。

そして意外とおいしかったウドのきんぴら。キドサが全く感じられません。

.

_MG_0402

. 焼き物 京都から取り寄せた筍

この筍が今日の白眉ですね。

根元の方からかぶりつきます。その途端に口の中に甘いトウモロコシの味が広がります。

キドサも感じられないし、筍の繊維質も感じられません。

最初はどうやって千切ろうか、皮を取ろうか迷っていましたが、全くの杞憂。

おいしい部分が、サクッと皮から剥がれていきます。

.

_MG_0405

. 炊き合わせ 真鯛と筍

こちらのお店に行く前に、大阪の「梅市」からメールが入っていました。筍とメバルが入りましたとの案内でした。

梅市で食べた炊き合わせが忘れられなかったのですが、それと同じかもっと澄んだ炊き合わせを出してくれました。

梅市と比べると、まだどこかしら堅さが残る仕上げですが、同等の質は保てています。

.

_MG_0407

.

いつものお釜で炊いたご飯に、炊き合わせの汁を掛けて食べます。

真鯛のおいしさだけの煮汁は、ご飯が進みます。

.

_MG_0410

. 水菓子 苺とイチゴのアイスクリーム

生で食べる苺もおいしいけど、手間を掛けて作った苺のアイスクリームはもっとおいしい。

.

焼き物の筍、そして炊き合わせの真鯛、その煮汁。完璧な出来です。

この料理を地元で、このお値段でいただけるこの喜び。

また、お伺いします。

.

御りょうり屋伊藤

住所:山形市七日町四丁目10-16

電話:023-635-8010

時間:18:00~23:00、お昼もやっています

定休:月曜日

.

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中