森の季 ,市内で一番の中国料理 , ☆ , 2018 夏 , 山形市

職場の同僚と森の季へ。

先の高島屋のバイヤーさんとの飲み会が良かったので、今回は職場の人と。

4000円の料理に2000円の飲み放題を付け、6000円の設定で。

イル・コテキーノの設定、価格帯と同じですね。

山形では、この設定が一番ピッタリくるのかもしれませんね。

.

.

こちらのお店のパターン。先付の様なものでしょうか。

中華ハム、ピクルスに紹興酒に漬けた帆立。

.

_DSF8686

.

そして、このお店の定番。カリカリに揚がった春巻き。

どうすれば、これだけカリカリになるのか。具材からでる水分を考えると、自分で作るのは絶対に無理。

そして、具材はその時々で変えてくれる。

前回はお魚で今回はお肉。チャーシューの様な具材でした。

.

_DSF8688

.

渡り蟹の豆鼓炒め。

豆鼓は久し振り。昔通った半郷の中華飯店では、よく豆鼓炒めが出ていました。

あの時の味を思い出してしまいました。

.

_DSF8690

.

蔵王牛の黒酢炒め。

半レアの牛肉と黒酢を効かせた餡がよく絡んでいます。

野菜のシャキシャキも残って、とても良い火の入り具合です。

.

_DSF8698

.

オクラと蛤のスープ。

蛤のお出汁が良く効いています。

.

.

エンドウ豆の炒め物。そして焼売。

コースは次の麻辣豆腐でお仕舞。

この麻辣豆腐がその名前の通り。痺れて、かつ刺します。

慣れていない人は無理でした。

おかげで3人分の麻辣豆腐をいただくことが出来ました。

.

.

追加で単品で頼んだ、油淋鶏と黒酢炒飯。

黒酢炒飯はおいしかった。油淋鶏は分かりません。

.

_DSF8708

.

4000円のコースとは思えない構成とレベルの高さです。

清湯は取っていなく、炒める、揚げるだけなのでこの価格でも出来るのでしょう。

とても満足感とお得感が強いお店です。

.

森の季

住所:山形市香澄町2-1-21

電話:023-665-5919

定休:日曜、祝日

時間:17:30~22:00