こい勢 , コスパは最高 , ☆ , 2018年 春 , 酒田市

ちょっと前になるけれど、酒田のこい勢へ。

好きなお鮨屋さんです。

ちょっと遠いのが玉に瑕ですが、お魚が食べたくなったらここが選択肢に浮上します。

.

_DSF8428

.

最初はお酒の肴を何品か。

最初に目が付いたのがこの生牡蠣。岩ガキではありません。

濃厚な、とろっとした味が口の中に残ります。

.

_DSF8431

.

二皿目は赤貝の肝。赤貝は閖上の物。

津波の被害から復活したのですね。嬉しいことです。

これは、今日食べた中で一番おいしかったですね。

濃厚な肝のおいしさを楽しめます。

.

_DSF8434

.

そして、フグの白子。

半生に焼き上げています。

肝、白子。濃厚な味の代名詞の様な品が続きます。

これも、たまらない味です。

.

_DSF8437

.

そして北寄貝のヒモ。

これらに合わせたお酒は、杉勇と大山。

杉勇はちょっと前に吞んでいましたが、酒蔵の地元で飲むお酒は倍おいしいです。

.

ヤリイカ

.

コハダ

.

ガサエビ

.

.

ここから握ってもらいます。

前回来た時は赤酢を使っていたようですが、今回はすし酢の様です。

ヤリイカ、コハダ、ガサエビ、白身と続きます。

丁寧に仕事しているコハダがおいしかったです。

.

のどぐろ
アカエビ
北寄貝
アンコウ

.

ノドグロ、アカエビ、北寄貝、アンコウと続きます。

この中ではちょっと炙ったノドグロが最高。

.

雲丹

.

そして鮪と雲丹。

おいしいのですが、特に入らなくとも良いかなと思ってしまいます。

地元の魚だけの方が、喜びが大きいと思ってしまいます。

最後にあら汁。

今日もネタは最高。

親方の喋りは楽しいし。地酒はおいしいし。

良い時間が過ごせます。

あとは、シャリのふんわりしているけど崩れない感が増せば、言うことなしです。

.

こい勢

住所:酒田市相生町1-3-25

電話番号:0234-24-1741

定休日:月曜日(祝日の場合は翌日休)

.