Laduree Bonaparte , 卵や牛乳、素材から格段の差 , ☆☆ , 2013年12月 Paris 7e

.

この,ペパーミント・グリーンに彩られた建物が,Laduree のお店です。

”パリで過ごした25日” を見て,絶対このお店だけは訪れるようにしようと思っていました。

朝は,08:30 からお店が開きます。朝食は,このお店で取ると決めていました。

少し遅めに,08:45 にホテルを出て,お店に向かいます。5分も掛からずに,直ぐに到着です。

※ 直近のデータでは10:00開店に変わっていました。

.

.

.

シノワーズ風の内装です。

パリに来てまでasian taste ですかという気もしますが。

なかなか居心地の良い空間でした。

.

.

Laduree では,絶対に食べようと決めていたのが Saint Honore です。

事前に仕入れておいたフランス語のフレーズ。

” Qu’est-ce que vous avez comme Saint Honore ? ”

それに対して,「Rose Framboise , Caramel 」,との答え。

折角だから,両方頼んでみました。

.

.

生クリームがたっぷり載っています。

しかし,これが最高。軽いんだけど,しっかり生クリームの味がします。

そして,フランボワーズの方は,上にバラの花びらが載っているように,仄かにバラの香り。

また,キャラメルの方は,上手にキャラメリゼしてあり,パリパリの歯応え。

どちらも,絶対日本では味わえないと思いました。

これだけでも,パリに来る価値が在るかも。そう思ってしまうほどの出来栄えです。

.

.

お昼は,また La Table d’Akihiro を訪れますので,食べ過ぎが心配です。

けど,頼んでしまいました。”Pain Perdu” を。平たく言えば,ブリオッシュで作ったフレンチトーストでしょうか。

これも,軽る~く仕上がっています。

メープルシロップと生クリームが付いていますので,味に変化をつけて楽しむことが出来ます。

.

.

.

頼んだ,カフェオレ。

銀の食器に,カフェとミルクに分かれて運ばれます。

これは,普通に美味しいです。

.

.

ウインドーには,マカロンやコンフィチュールが display されています。

商品や箱の色が,このお店の雰囲気に,よく合っています。

.

Laduree Bonaparte

住所:21 Rue Bonaparte, 75006 Paris

電話:+33 1 44 07 64 87

時間:10:00~19:00

定休:なし

webサイト

.