和菓子 甘果 , 夏越の祓い , ☆☆ , 2021 6月 山形市

.

無病息災を願う、6月の風物詩「夏越の祓」。

地元の神社でも、ちがやの大きな輪が設けられるところがあります。

茅の輪をくぐることで厄を落とすことが夏越の祓い。

そして夏越の祓いに欠かせないのが水無月。

外郎が氷室の氷を表し、小豆には魔除けの意味が込められています。

京都などでは沢山の和菓子屋さんで、そのお店の水無月が並びます。

甘果でも月末の4日間限定で水無月が並びます。

.

.

日差しの強さは夏を感じさせてくれます。

.

.

こんまりとした店内ですが、とてもセンスの良さを感じさせてくれます。

.

.

.

地元の作家さんの作品だと思われるお皿を合わせています。

この設え、好きです。

.

.

願い星 和三盆糖の錦玉羹、こし餡

逆光の夕日を浴びて、琥珀色の 錦玉羹 が光り輝いています。

そして上品なこし餡が程よい甘さで現れます。

甘果は餡の良さが引き立つお店です。

.

.

完熟梅

白あんの中に梅のジャムが忍ばしてあります。

その存在がポイントに。 

.

.

水無月

小豆がおいしく炊いてあるのはもちろんですが、それ以上に外郎がおいしかった。

ちょっとしっとり感を含んだもっちりした歯応え。

もう一度味わいたいのですが、今日は30日。一年待って、また楽しみたいです。

.

和菓子甘果

住所:山形市双葉町2-4-38 双葉町中央ビル 1階

電話:ありません

定休:木、金、土曜日

時間:10:00~17:00 売り切れたら終了

インスタのメールから予約を入れることが出来ます。

Instagram

.

.