おかざき西公園前 , 味の魔術に驚く , ☆☆ , supreme, 2019 冬 , 仙台市

節目の日、ハレの時間を過ごすのは、やはりおかざきしかありません。

夜の10,000円のコースに、7種類のお酒をペアリングして。

.

.

.  しいたけ 二身揚げ

原木椎茸に、海老のすり身を合わせて揚げたもの。

肉厚の椎茸が、表面サクッと揚がっています。銀杏がおいしい。

ペアリングはシャンパンからスタートします。

.

.

.  かわはぎ 長芋ちり酢

見た目もうつくしい二皿目です。

今日捌いたかわはぎに長芋を合わせて、上からちり酢のジュレを掛けたもの。

ちり酢のジュレを合わせると、かわはぎのおいしさが増すしていく気がします。

.

.  帆立 清し汁

お料理の名前のごとく、清らかに澄んだお出汁が素晴らしいです。

そして驚いたのは、お出汁の変化です。

一口目、二口目のお出汁は鰹の香りと味が来ます。

それが、三口、四口と進むにつれて、感じるお出汁が昆布出汁へと変わっていくのです。

同じお椀で、感じるお出汁が変わっていくのは初めてのことです。

おかざきさんに訊いたところ、ベースは昆布出汁ですが、最後に鰹節をさっと加えているとのこと。

狙って、このお出汁の変化を作り出しているのです。魔術ですね。

.

.

.  毛蟹 百合根飯蒸し

3杯目に新政酒造のNo.6が出てきました。これは驚き。

毛蟹とゆり根の甘さ、それにとろみのあるよいお出汁の餡がよい感じで絡んでいきます。

.

.  鰤燻し造り

寒鰤を藁で軽く燻製にしたもの。

少し脂の乗ったお魚は、燻製した方が僕は好きです。

脂をさらっと感じることが出来ます。

.

.

.  穴子焼き 蓮根餅

4杯目は会津のお酒、飛露喜。

それを合わせるのは、穴子焼き。塩だけの味付けですが、これが最高。

ちょっと軽く焦がした穴子の香りが楽しめます。

.

.

.  なめた鰈 とろろ蒸し

仙台では年越しになめた鰈を食べるそうです。

それに倣ったお皿です。

.

.

.  白子柚子釜田楽

焼物は白子。柚子釜が白子をさらにおいしくしてくれます。

柚子の香りがとても素敵。

.

.

.  和牛とかぶ

見た目はしっかりとした蕪ですが、口の中に入れるとホロホロ融けていきます。

お肉と蕪を合わせて食べると、それぞれのお味が絡み合って、よりおいしく感じます。

そして、お出汁には煎茶が混ぜてあるようで、お肉をよりサッパリと食べることが出来ます。

.

.

.

. 鯛の炊き込みご飯とお茶漬け

お出汁を掛けて、いただいた方がおいしく感じます。

お出汁も少し薄めにしてあり、主張しすぎることなくおいしさを補い合っています。

.

. 水菓子 

前回もでました、リンゴを薄皮むきにしてから、千切り。

その上に、蜂蜜のジュレを掛けています。

りんごのシャキシャキ感とそれに絡むジュレ。

何度食べても、また食べたくなります。

.

今日も完璧な構成と仕上げ。十二分に満足させてくれます。

ご馳走様でした。

.

おかざき西公園前

住所 : 仙台市青葉区立町19-16

電話 : 022-265-3688

定休 :

昼の部:日曜日、月曜日と木曜日。

夜の部: 日曜日、祝日 、月2回の月曜日

基本第2,4月曜日ですが祝日の関係で変わります。webサイトで確認してください。

時間 : 12:00~LO13:30 , 18:00 ~ LO19:30

webサイト