La Calandre ,2011 夏 ,in Padova , Vaneto , Italy ,☆☆☆

.

.

ミシュランで3つ星を獲得して久しい,Le Calandre を8年振りに訪れます。

1991/12に母親が1つ星を獲得。
1993末(19歳)より,母から受け継いで“レ・カランドレ”のシェフとして指揮を執り始めます。
1996/12(22歳)に2つ星を獲得。2002/12(28歳)で3つ星を獲得しています。
私は,3つ星を獲得した次の年に,訪れています

ずっと行きたいと思っていましたが,やっと念願が叶います。

.

.

HT4E6813

.

.

ミシュランの3つ星に昇格した次の年だった2003年。
それから8年が経って一番変わったのは,menu degustazione の値段でしょうか。
2003年は,確か€100前後でした。それが8年後には€225です。
倍以上に跳ね上がっています。

3つ星の格を維持するには,大変な経費が掛かるのでしょう。
パリ,Lucas Cartonのシェフ,アラン・サンドランスは,それを嫌って2005年に3つ星を返上しましたが,その気持ちが良く分かります。
しかし,いくら掛かろうともそれでも行ってみたい,そう思わせてくれるリストランテです。

因みに,ルキャ・カールトンは,20年以上前に佐原秋生の本で読んで以来,ずっと憧れていたレストランです。
一度は行ってみたいですね。

.

.

HT4E6804

.

.

ただ,抜け道は用意してくれています。
前回にmenu degustazione を食べた時。
20:00から食べ初めて,カフェを飲み終えて一息ついたときには24:00を回っていました。
そして,お腹がはちきれそうでした。

隣接する,Hotel il Maccaroni に宿泊でしたので,移動も楽でしたので,何とか対応できました。
ただ他にも,出来ることならあの状況だけは回避したい,そう思う人がいるのでしょうね。
estrazione として,menu degustazione から抽出したコースが設定してありました。
そして,値段設定も8割に落としてあります。

i grandi classici de Le Calandre の estrazione をオーダーすることにします。

.

.

HT4E6795_edited-1

.

.

.

前回来た時は2晩続けて通いましたので,” i grandi classici de Le Calandre ” と” In.gredienti ” の両方を頼んでいます。

8年前と今回では,同じ” i grandi classici de Le Calandre ”でも大分変わっていました。
それでも,下の写真にあります大定番の ” Cppuccino di seppie al nero ”は外せないようです。

.

.

HT4E6796_edited-1

.

.

.

HT4E6797_edited-1

Scampi tostati con formaggio fresco di latte di fave radicchio e meie

.

.

.

HT4E6798_edited-1

Cppuccino di seppie al nero

.

.

.

HT4E6799_edited-1

Cannelloni croccanti di ricotta e mozzarella di bufala con passata di pomodoro

.

.

これも8年前に出してもらった一皿です。

ただ,お皿も変わり,ポモドーロの色は艶やかになっています。
8年間で,同じお皿も進化しているようです。

.

.

HT4E6800_edited-1

”Risotto allo zafferano con polvere di liquirizia”

.メニュー上では,次のお皿はリゾットになっていますが,これも8年前に食べています。
そして,あまり好きな味ではなかったので,違うメニューに変えてもらいました。

.

.

HT4E6801_edited-1

Battuta di carne cruda piemontese al tartufo nero estivo

.

.

これはどう考えても,イタリアの食材で作ったお鮨です。
ナイフやフォークを使うのではなく,手でつまんで食べるように言われました。
ポモドーロをベースにしたものを一口サイズにまとめ,その上にネタ代わりのトリフが大量に掛かっています。

味は,本当のお鮨を食べた方が良いと思います。
イタリアの人には画期的かもしれませんが,日本人からすると?です。

それよりも,お皿の脇に写っているタンブラー,素敵だと思いませんか。
前回来た時も,気になっていました。
ヴェネチアングラスだと,その時は教えてくれました。

明日は,ヴェネチアに行きます。
工房が分かれば,行って購入したいと思いました。

尋ねてみると,このグラスは Alajmo の名前入りでスペシャリテなんだよ。
だから,お店では売っていないよ,と言われました。

だったら,今テーブルに出ているタンブラーを譲ってくれないか,尋ねてみました。
すると,1個€30なら譲ってくれるそうです。
8年越しの願いが叶いました。

.

HT4E6802_edited-1

.

.

テーブルは3列,確かそれぞれ4卓ありますので,全部で12卓ほどでしょうか。

その他に,個室もあります。
それが全部埋まっていました。

皆,私よりも早く食事を終えていましたが,カフェを前にして,ずっとおしゃべりを楽しんでいます。
とても心地の良い空間ですので,ずっと長居をしたくなるのも分かります。
ずっとこの時間が続けばと,自分も思ってしまいます。

自分の斜め前のテーブルには,韓国系と思われる二人が座っていました。
どこかで見たような,サンプルA とサンプルBのパーツを組合わせたような人達でした。
その二人が,気取って座っています。

.

.

.

HT4E6805_edited-1

.

.

ところで上の写真を見て,あるものを思い浮かべませんか。
僕は,見た瞬間,頭の中に「生け花」というフレーズが浮かんできました。
絶対それからインスパイアされていますね。

途中に出てきたお鮨をなぞったものも含めて,やはり日本文化の影響は顕著だと思います。
前回来た時も,抹茶をデザートに使っていましたし。

.

.

.

HT4E6807_edited-1

.

.

8年ぶりのレ・カランドレ,相変わらずの素敵な空間と時間,そして料理を提供してくれました。
ただ,ホールの雰囲気はよりスタイリッシュになったと思います。
そして,その分少し親しみやすさが減ってしまった気がします。
3つ星の雰囲気を身に纏ってしまったのでしょうね。
サービスの人も,もう少しこちら側に降りてくれても良さそうな気がします。

ただ,十分合格点の中でも希望です。
素敵な時間が過ごせたことには,間違いありません。
また何年か経ってから,訪れてみたいです。

きっと今の自分とは,また違ったことを感じるかもしれません。

.

.

.

HT4E6808_edited-1

.

.

.

広告

La Calandre ,2011 夏 ,in Padova , Vaneto , Italy ,☆☆☆」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: Kuppelrain , 2013 夏 , prima colazione , South Tyrol ,☆☆☆ | 素敵でおいしい時間

  2. ピンバック: Ristorante Laite , 2013 夏 , Sappada, ☆☆☆ | 素敵でおいしい時間

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中